200万円からのphp開発者

php未経験だった方が、勉強をしてphpのプログラマーとして就職、または、フリーランスとしてビジネスを始めた場合、phpの需要が大きいと言っても、スタートは200から300万円程度の収入から始まることを覚悟する必要があります。その後、いかにして1000万円プレイヤーになるかを考える時、会社においては、大規模な開発を手掛け、他の開発者を管理する上流工程の開発者を目指すことがポイントになってくると考えます。他の開発者が分からないことを教えられるプログラミングスキルも大切ですが、より求められるのは、お客様とのコミュニケーションスキルや、開発者の進捗状況に合わせた推進管理能力になってきます。会社によっては、案件の利益の歩合をそのまま給料に反映する会社もあるようです。

フリーランスで、1000万円プレイヤーを目指す場合も、会社と同様、お客様とのコミュニケーションスキルをもって、大口のお客様から仕事を取ることが求められます。しかし、もう一つの視点として、過去に作ったプログラムやテンプレートを活用して、より多くのお客様に安価に販売するという方法が考えられます。プログラムそのものは凝っていても、横展開する際の手間が大きくないのであれば、業務効率を上げることができますので、その分、収入額を上げることもできます。その場合、多くの方に求められるベースとなるページやプログラムが何かを見極めるスキルも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です